2018年5月27日(日)

ゼロックス買収(下)事務機7割 いばらの道 市場成熟、成長へ統治課題

2018/2/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 米ゼロックス買収で事務機の巨人となる富士フイルムホールディングス(HD)。成熟する世界市場で生き残るには規模の追求以外に道は無いとの判断だ。だが買収後、連結売上高に占める事務機の割合が7割近くまで高まることに不安の声もあがる。合理化後の成長戦略を描けないと、“伝統事業”は重い足かせに転じかねない。

 「強いところしか生き残れない」。富士フイルムHDの古森重隆会長兼最高経営責任者(CEO)は事務機業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報