2018年9月24日(月)

白金鉱山、再編の動き 相場低迷で採算悪化 パラジウム採掘に活路も

2018/2/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 自動車の排ガス浄化触媒に使う白金(プラチナ)の相場が低迷している。鉱山会社が採算悪化に陥り、業界3位の大手が買収されるといった影響が生じている。需要の先細りを見据え、副産物扱いだったパラジウム鉱山への転換に活路を探る動きも出始めた。

 プラチナの国際価格は1トロイオンス1000ドル前後と3年前に比べ2割安い。希少性が高いプラチナは歴史的に金よりも高く取引されてきたが、2015年に金の価格を下回り、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報