/

ゲンキー、ネット通販の投資抑制

収益見通し立たず

[有料会員限定]

【福井】ドラッグストア「ゲンキー」を展開するGenky DrugStoresは自社の通販サイトを含めたインターネット事業への投資を控える方針を明らかにした。日本でも存在感を高める米アマゾン・ドット・コムなど大手との競争激化により、収益確保の見通しが立たないため、戦略を見直す。

ゲンキーは2017年1月に自社の通販サイトを開設し、実店舗と連携した顧客の囲い込み戦略に乗り出した。当初は18年6月期中...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン