/

この記事は会員限定です

(受け入れ増へ課題なお多く)実習生の失踪増加へ 6000人超、労働環境悪く

[有料会員限定]

働きながら技能を学ぶ技能実習生として入国し、実習先から失踪してしまう外国人が再び増えている。法務省によると2017年1~6月の上半期で3205人と初めて3000人を超えた。通年で6000人を超え過去最高となる公算が大きくなっている。

国籍別ではベトナムが1618人、中国859人、ミャンマー227人。同省が強制送還する際に失踪の理由を聞くと「もっと給料が高いところで働きたかった」が多かったという。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り202文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン