/

この記事は会員限定です

M&Aに自社株活用 新興主導の再編促す

政府、法改正へ

[有料会員限定]

政府は自社株を使ったM&A(合併・買収)のルールを見直し、中小・ベンチャー企業による再編を後押しする。売り手に入る売却益への課税を猶予するとともに、買収手続きを簡素にする。大企業だけでなく、現金をもたないベンチャー企業が買収に取り組みやすくなる。事業承継を含めた中小ビジネスの活用法を広げ、経済の新陳代謝を促す狙いがある。(解説経済面に

政府が通常国会に提出する予定の産業競争力強化法(総合2面きょうのことば...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り658文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン