/

この記事は会員限定です

受動喫煙対策、大幅に後退

厚労省素案 150平方メートルまで喫煙可

[有料会員限定]

厚生労働省は30日に公表した健康増進法改正案の素案で、既存の小規模店は「喫煙」「分煙」などと表示すれば店内での喫煙を認めた。望まない受動喫煙を防ぐ狙いだが、幅広い屋内禁煙を目指した当初案から大幅に後退。東京五輪・パラリンピックの開催が2年後に迫り、「吸う権利も認めるべきだ」とする自民党との決着を優先した。(関連記事を社会面に

喫煙専用室以外での喫煙を認める飲食店の店舗面積は当初案は30平方メー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り702文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン