/

この記事は会員限定です

木製パズル 京都大

数学の論理、試行錯誤で理解

[有料会員限定]

8個のパズルピースしか入らない箱だが、ある方法を使えば9個のパーツ全てが収まるようになる。あなたはこのパズルを解けますか。

京都大学で販売する木製パズル「イマジナリーキューブ3H=6T」。箱を開けると、中には冊子1部と透明の箱が大小1つずつ入っている。木製ピースは2種類あり、茶色の重六角錐(すい)(H)3個と白い反三角錐台(T)6個がある。

冊子には遊び方が書かれている。

設問(1)。「HとTを小...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り457文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン