/

この記事は会員限定です

NAFTA再交渉 長期戦?

不透明感、投資の重荷に

[有料会員限定]

【モントリオール=鳳山太成、メキシコシティ=丸山修一】米国、カナダ、メキシコの3カ国による北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉が長期戦になる可能性が出てきた。29日に閉幕した第6回会合では、懸案の自動車貿易を巡ってカナダが打診した妥協案を米国が拒否した。トランプ米大統領が協定離脱をちらつかせる中で再交渉が長引けば、企業は北米への投資判断が難しくなる。

3カ国の担当閣僚が約3カ月ぶりに顔をそろえた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り884文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン