/

この記事は会員限定です

離職の原因、相性にあり 発想や判断基準 5軸で精査

海老原嗣生

[有料会員限定]

結局、会社との相性が合わないと、若者は離職せざるを得なくなる。

ただ、大企業は選考過程で合わない人を落としていくため、入り口で自社とずいぶん肌合いのある人に絞っている。

しかも入社後に、異動や配転という形で、上司や仕事や顧客を変更し、相性を微調整することも可能だ。だから離職率が低い。

その逆に、中小企業は少ない応募者の中から採用せざるをえず、相性が合わない人も採らざるを得ない。しかも入社後に異動先...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り772文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン