/

この記事は会員限定です

首相、2項削除に否定的

衆院予算委 憲法9条改正で答弁

[有料会員限定]

安倍晋三首相は30日午前の衆院予算委員会で、自民党内で浮上する戦力不保持と交戦権否認を定めた憲法9条2項の削除案を念頭に「2項を変えることになれば、フルスペックの集団的自衛権の行使を認めることが可能になる」と指摘した。集団的自衛権の限定容認は変えないと主張し、2項削除案に否定的な考えを強調した。無所属の会の原口一博氏への答弁。

首相は自らが提起した2項を維持したまま自衛隊を明記する案に触れ「2項...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り416文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン