/

この記事は会員限定です

メタボ防ぐタンパク質 治療薬開発へ期待

神戸薬科大

[有料会員限定]

メタボリック症候群や糖尿病の発症を防ぐ新たなタンパク質「Fam13a」を、神戸薬科大(神戸市)の江本憲昭教授と池田宏二准教授のチームが発見した。

成果は30日以降の米科学アカデミー紀要電子版に掲載。体内の血糖値を下げるホルモン「インスリン」の正常な作用を助けるタンパク質で、発症を予防する新しい治療薬の開発につながると期待される。

チームによると、人は太ると脂肪細胞が肥大してインスリンの作用が弱まり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り378文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン