/

この記事は会員限定です

大学の技術、中小と結ぶ 知財「見える化」で壁低く

信州TLO社長 大沢住夫氏

[有料会員限定]

長野県内で大学の特許と企業の技術をマッチングさせて商品化を目指す動きが広がっている。先導するのが技術移転機関(TLO)だ。信州大学の特許を企業に売り込む信州TLO(上田市)の大沢住夫社長に現状や課題について聞いた。

信州TLOは2003年の設立。大学の特許技術を企業と引き合わせ、これまで17件の商品化にこぎ着けてきた。

「学問として研究している大学の研究者は、すばらしい成果でも実際の製品化まで考え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り912文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン