/

この記事は会員限定です

噴火へ備え 首都圏でも

マスク備蓄など降灰対策

[有料会員限定]

火山の噴火による降灰などに備え、対策を取る自治体が首都圏でも出ている。埼玉県八潮市は防じんマスクを備蓄し、東京都千代田区は収集した灰の仮置き場予定地を定めた。今回の草津白根山の噴火は、火山が想定外の場所から噴火する可能性があることを示した。降灰による都市機能低下などへの懸念もあり、火山に面していない都市部でも対策が求められる。

八潮市は火山の降灰などを想定し、職員や自治防災組織関係者ら向けの防じ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り413文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン