2019年9月18日(水)

名古屋大学、シート状炭素分子 大きさ自在に合成

2018/1/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

名古屋大学 伊丹健一郎教授と村上慧特任准教授らはナノサイズのシート状の炭素分子「グラフェン」を合成する技術を開発した。簡単な工程で狙った構造のものを作れる。グラフェンの大きさなどを制御することで、電気の通しやすさを調節できるという。有機ELディスプレーなどの材料に役立つ可能性がある。

グラフェンは炭素原子で構成する六角形がつながったシート。研究チームはこの六角形の構造…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。