/

この記事は会員限定です

白血病、遺伝子治療安く 長崎大など、来月臨床試験へ

実現で数十分の1にも

[有料会員限定]

長崎大学と三重大学は他人の免疫細胞を使って白血病を遺伝子治療する新たな手法を開発した。米国で承認された5000万円超の高額な治療法に似た手法で、副作用や効果などが確認できれば量産しやすい分、安価な治療法になる可能性がある。2月にも患者の登録を始めて臨床試験(治験)をする。

治験は医師主導で、長崎大や愛媛大学、大阪国際がんセンターなど全国8医療機関で実施する。対象は成人T細胞白血病(ATL)患者で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り817文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません