/

この記事は会員限定です

20年までの中期計画改定 政策目標数1割増

テレワーク導入などを追加

[有料会員限定]

東京都は26日、2020年までの中期計画を改定した。政策目標の数を従来の502から546に1割増やした。2017年に達成した都道での電柱新設を原則禁止する条例の制定など31の目標を外す一方、企業のテレワーク導入率を35%にするなど75の目標を追加した。

テレワーク導入率35%は従業員30人以上の企業が対象で20年度までの達成を目指す。待機児童対策は4年で7万人分の保育サービスを増やす目標を3年で6...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り223文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン