/

この記事は会員限定です

貧しい出版者 荒木優太著

二者択一迫る思考への疑問

[有料会員限定]

文芸評論の力作だが、本書の味わいは評論の肝だけでなく皮も同時に食した方が楽しめる。

例えば刊行の経緯だ。今年31歳になる著者は、大学に籍を置かない「在野研究者」としてネット上で論文を発表してきた。「小林多喜二と埴谷雄高」論(本書では第一部に収録)を5年前に自費出版したところ話題になり、増補してこの本に至る。

一連のいきさつのほか、研究や出版の「貧しい」現状を吐露した第三部と、評論をまとめた第一・二...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り345文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン