/

この記事は会員限定です

続 地球が危ない(8)

すみか奪われ人間とあつれき

[有料会員限定]

赤道直下にある世界で6番目に大きい島、インドネシア・スマトラ島。世界的に貴重な熱帯林が今も残り、スマトラゾウをはじめとした希少な大型の野生動物がすむ。この環境が人間の手で破壊されている。

この森は「森が減るスピードが世界で最も速い場所」と呼ばれる。1980年代から、製紙用の植林やパーム油が取れるアブラヤシ農園の造成による大規模開発が進んだことが原因だ。スマトラゾウの生息地の7割が失われたとされる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り232文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン