/

この記事は会員限定です

知財立国は成ったか(下)特許か秘匿か 基準明確に

国内外で効率よく取得

[有料会員限定]

基幹技術やノウハウは秘匿が望ましい。一方、製品に表れる技術やブランドは模倣されやすく、知的財産権を素早く国際的に獲得しなければならない。ものづくりを守る工夫に終わりはない。

東レは2013年1月から、社内発明を特許にするか営業秘密にするかを決める全社統一のルールを導入している。「他社が特許出願する可能性があるか」「製品から技術を割り出せるか」が判断基準。どちらも「否」であれば特許出願せず営業秘密として...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1144文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン