国立循環器病研究センター跡 アーク不動産が購入 千里最後の大規模再開発

2018/1/26付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

国立循環器病研究センター(国循)は大阪府吹田市にある現在のセンターと職員宿舎跡地合わせで7万4千平方メートルをアーク不動産(大阪市)へ71億円で売却した。センターがJR岸辺駅北側へ移転する2019年7月以降、地元の意向を踏まえながら跡地開発を進める考えで、千里ニュータウン(NT)最後の大規模再開発となりそうだ。

国循が売却したのはセンターの敷地約6万6千平方メートルと隣接する宿舎跡地8千平方メ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]