/

この記事は会員限定です

1月25日 バイアグラを承認、医師管理下での服用促す

[有料会員限定]

厚生省(現厚生労働省)は1999年1月25日、男性の性機能改善薬「バイアグラ」の製造販売を承認した。当時国内ではインターネットなどを通じた個人輸入が急増し、心臓病の薬と併用した男性が1人死亡。米国でも服用後の死亡例が130件報告された。新薬は現在も1年近く審査に時間がかかるが、バイアグラが約半年という異例のスピード承認となった背景には、医師の指示の下で服用する環境を早期に整備する必要があったとみ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り215文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン