2019年4月26日(金)

物流危機が迫る出版改革 雑誌の発売日分散広がる 配送撤退、電子化を後押し

2018/1/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

講談社や集英社など出版社十数社が、雑誌の発売日を変えようとしている。これまで発売日が集中していた毎月10日や25日を避け、分散させる方向で検討を始めた。読者の混乱を招きかねない措置だが、背景には撤退が相次ぐ出版物流の危機的状況がある。

小学館は雑誌「サライ」や「BE-PAL」をこれまで毎月10日に発売していた。それを前日の9日でも都内の書店で購入できるようにするなど、発売日を1日早めたり遅らせた…

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報