/

この記事は会員限定です

物流危機が迫る出版改革

雑誌の発売日分散広がる 配送撤退、電子化を後押し

[有料会員限定]

講談社や集英社など出版社十数社が、雑誌の発売日を変えようとしている。これまで発売日が集中していた毎月10日や25日を避け、分散させる方向で検討を始めた。読者の混乱を招きかねない措置だが、背景には撤退が相次ぐ出版物流の危機的状況がある。

小学館は雑誌「サライ」や「BE-PAL」をこれまで毎月10日に発売していた。それを前日の9日でも都内の書店で購入できるようにするなど、発売日を1日早めたり遅らせたり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1269文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン