/

この記事は会員限定です

ばら積み船、格付けで選別

資源大手、性能や管理重視 老朽船淘汰で過剰解消も

[有料会員限定]

鉄鉱石などを運ぶ外航ばら積み船を性能や管理状態で選別する動きが強まっている。資源大手を中心に、格付け会社の評価が低い船と契約しない荷主が増えている。管理が行き届かない老朽船の淘汰が進めば、船の供給過剰解消につながるとの見方も広がっている。

船の格付けで世界的な指標が、オーストラリアの資源大手などが出資する格付け会社「ライトシップ」の評価だ。船を係留するロープやウインチに不備がないか、どんな素材を使...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り864文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン