/

この記事は会員限定です

あなぶき、西日本で民泊

まず高松、賃貸・空き家活用

[有料会員限定]

不動産大手の穴吹興産を中核とするあなぶきグループは民泊事業に参入する。賃貸物件や空き家を改修して、営業地盤の西日本を中心に民泊用施設を整備する。民泊では大手企業の参入が相次ぐが、グループの旅行会社や清掃会社などの事業も生かして付加価値を高め、違いを打ち出す。今春にも事業を開始し、2023年までに500戸の供給を目指す。

2月1日に民泊などを手掛ける新会社「あなぶきスペースシェア」を設立する。資本金は7千万...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り210文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン