2019年6月18日(火)

日記文学を楽しむ(3) 大塚ひかり
『成尋阿闍梨母集』命長さの罪 嘆きの中、生命力漂う

2018/1/24付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

超高齢化社会の現代日本では、長生きは必ずしも手放しで喜べぬものとなりつつある。想定以上の長生きをして老後の蓄えが尽きるなどの危機に陥る「長生きリスク」なることばもある。体が不自由になって頼る当ても金もなければ、長生きは嘆きのもとにもなりかねない。

そんな現代日本人とは別の意味で、長寿を嘆く老女が、千年近く前の日本にもいた。

息子の渡宋契機

息子の名から成尋(じょうじん)母と呼ばれる彼女は、何不自由…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報