/

この記事は会員限定です

大日本住友、医薬品開発を提案型に

体制を刷新

[有料会員限定]

大日本住友製薬は医薬品の研究開発体制を刷新した。従来は医薬品候補の探索から化合物の合成といった流れを研究本部組織で統括してきたが、研究者の提案型による小規模プロジェクト制に移行した。すでに抗精神病薬や薬剤耐性菌治療薬などで一部プロジェクトがスタート。今後は年間10~20程度のプロジェクトを進める計画だ。

医療ニーズが高く成功が見込まれる研究テーマの発案者をプロジェクトリーダーに任命し、メンバーを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り234文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません