/

この記事は会員限定です

若い日系4世に就労制度

法務省、日本語の基礎力が条件

[有料会員限定]

法務省は22日、一定の要件を満たす海外在住の日系4世の若者に、日本で就労できる在留資格を与える新たな制度を導入すると発表した。基本的な日本語を理解できる語学力などが条件で、18~30歳を対象にする。日本国内の親族や雇用主などが、入国管理の手続きや日本での生活を手助けするサポーターになることが必要だ。年間4000人程度を受け入れる。

法務省は23日から2月21日までパブリックコメント(意見公募)を実...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り284文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン