/

この記事は会員限定です

護身は弁証法で 望月京

[有料会員限定]

ハリウッドの「セクハラ告発運動」に対して、フランスを代表する大女優を含む100人の文化人女性たちが連名で批判を表明し、話題になっている。

どちらが正しいかという議論にここで加わるつもりはないが、「全体主義に傾きかねない風潮」に対して一石を投じ、討論を促すこと、それにより各人が自分なりの世界とのかかわり方を考えること、「それがフランスの文化だ」という当地の友人の言葉になるほどと思った。

元来、フラン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1163文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン