/

この記事は会員限定です

IoT特許紛争 防げるか

特許庁、海外勢との交渉指針 異業種でも円滑に

[有料会員限定]

あらゆるモノがネットにつながる「IoT」時代の到来で、特許を巡る様々なトラブルが増えるとの懸念が強まっている。自動車、医療機器といった通信業界との特許交渉に不慣れなたくさんの業界が新規参入し、混乱が起きそうなためだ。日本企業が海外の通信メーカーなどから訴えられる恐れもある。特許庁は接点の少ない異業種間でも特許交渉がスムーズに進むよう環境整備を進める構えだが、特許紛争への備えは容易でない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1710文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン