/

この記事は会員限定です

グーグル、テンセントと特許共有

技術で協業検討

[有料会員限定]

【シリコンバレー=中西豊紀】米検索大手のグーグルは18日、中国ネットサービス大手の騰訊控股(テンセント)と長期にわたる特許の共有で合意したと発表した。将来の協業も検討する。グーグルは2010年に中国市場から撤退したが、最近になり研究拠点を設けた。有力企業のひとつであるテンセントと組むことで本格的に再参入を目指す可能性が出てきた。

(関連記事総合6面に)

特許の相互利用は、先端技術を扱う企業間で広く行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り416文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン