2018年11月18日(日)

知財立国は成ったか(中)自動車 特許、数から質へ 自動運転・EV、溶ける境界

2018/1/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本の大手電機の衰退は1990年代半ば以降に始まった。それから約20年、今度は自動車業界が正念場を迎えている。車がネットにつながり、米グーグルなどIT(情報技術)企業が自動運転や電気自動車(EV)で参入してくる。産業の境界線が溶け、知的財産戦略も変更を迫られる。

「特許ソン」。トヨタ自動車は2017年4月、新規事業とそれを支える特許を考える会社横断イベントを始めた。IT企業などで様々な職種の人々…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報