/

この記事は会員限定です

福岡 起業家不足の声

投資家、学生の活躍期待

[有料会員限定]

国家戦略特区の認定による規制緩和やベンチャーキャピタルの増加、新たなベンチャー支援施設のオープン――。「スタートアップ都市」として起業機運が盛り上がる福岡市だが、地元の投資家からは「東京と比べて、起業家の数がまだまだ足りない」という声も上がる。

要因の1つが社会人から起業家を輩出するリクルートホールディングスサイバーエージェントのような大手企業が少ないことだ。

また自治体支援のホープやEコマースのベガコーポレーションなどが活躍するが、あるベンチャー業界関係者は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り241文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン