/

この記事は会員限定です

郵便局、訪日客に照準

接客に翻訳システム/観光地で荷物預かり

[有料会員限定]

日本郵便は今春、全国の郵便局で訪日外国人向けのサービスを本格的に始める。全2万の直営局に翻訳システムを導入し、窓口での接客対応を向上させる。都市部や観光地の郵便局では有料で荷物を預かり、ホテルなどへ配送するサービスも始める。全国に広がる郵便局網を生かし、増加する訪日客の利便性を高める狙いだ。

翻訳システムは4月に導入する。情報通信研究機構(NICT)の翻訳エンジンなどを使って自前のアプリを開発。タ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り710文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン