AI活用 保険手続き迅速 米レモネードCEO ダニエル・シュライバー氏

2018/1/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

保険とIT(情報技術)を組み合わせた「インステック」の代表格とされる米保険スタートアップのレモネードが米国で急速に拡大している。最近ではソフトバンクグループから出資を受け、海外進出を目指す。ダニエル・シュライバー最高経営責任者(CEO)に事業戦略と展望を聞いた。

――どんな仕組みですか。

「レモネードは保険を扱うテクノロジー企業だ。パソコンで、人工知能(AI)を使ったチャットボット(自動対話シス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]