2019年6月26日(水)

米IT、「AIの民主化」急ぐ データ独占など課題も

2018/1/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2018年は産業界で人工知能(AI)の活用が一気に加速しそうだ。アマゾン・ドット・コム、マイクロソフト(MS)、グーグルの「クラウド3強」が簡単に使えるAIサービスの拡充に力を入れているためだ。AI活用の巧拙が企業の競争力を左右することになりそうだが、一方でプライバシーの保護などデータ活用そのものへの懸念も残る。

「AIの民主化」。グーグルのAI部門の開発責任者、フェイフェイ・リ氏が会見で繰り返…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

グーグル、AI活用手軽に[有料会員限定]

2018/1/18付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報