2019年6月25日(火)

京王、営業益450億円に 21年3月期 通勤利用伸びる

2018/1/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

京王電鉄は2021年3月期をメドに、連結営業利益で前期比18%増となる450億円前後を目指す計画だ。07年3月期以来の最高益となる。沿線人口が緩やかに増加し、女性や高齢者の社会進出で通勤利用の伸びを見込む。新ブランドのシティーホテルや民泊事業でも収益底上げを見込む。

21年3月期までの次期中期経営に盛り込む見通し。京王は18年3月期を最終年度とする現行の中期計画で営業利益370億円を目標としたが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報