/

この記事は会員限定です

島根県出雲市の十六島のり 荒波が育てる高級品

[有料会員限定]

島根県出雲市特産の「十六島(うっぷるい)のり」は12~2月にだけ採れる高級岩のりだ。9割が県内に出荷され、県外ではなかなか味わえない。日本海の荒波の中で育ち、磯の風味が際立ってシャキシャキとした歯応えが特徴だ。地元では正月の雑煮の食材などとして重宝される。

採れる場所は市北部の海岸にある十六島地区。押し寄せる高波と、のりのぬめりで転倒しやすい「のり島」と呼ばれる岩場で、地下足袋をはいた女性たちが身...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り831文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン