広辞苑に「希少糖」採用 香川県、量産技術など研究

2018/1/17付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

岩波書店が12日に発売した国語辞典「広辞苑」の10年ぶりの改訂版(第7版)に、「希少糖」が採用された。幅広い分野で活用が期待される「夢の糖」として香川県内を中心とした産学官で量産技術や機能解明の研究が進んでおり、県などは認知度向上に期待する。

希少糖は「希少」の関連語として掲載。自然界に存在量が少ない単糖とその誘導…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]