2018年12月10日(月)

わき上がる将棋熱(3)AIに学べ プロも必死

2018/1/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「えっ、こんな手があったのか」。新人王戦を2連覇した気鋭の五段、増田康宏(20)は思わずノートパソコンをのぞき込んだ。自分の対局で指し手に困った局面を分析すると、将棋ソフトが思わぬ手を示した。

対局のない日は東京都昭島市にあるマンションの自室にこもり、終日パソコンに向かう。2段積みのテーブルの上にパソコンを置き、腰痛予防のため立って操作する。ソフトの能力を左右する処理速度は生命線で高価な機種に買…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報