/

この記事は会員限定です

関空対岸 ホテルラッシュ 20年までに7施設開業・改装

HISも「変なホテル」検討 訪日客、観光のハブに

[有料会員限定]

関西国際空港の対岸にある大阪府泉佐野市のりんくうタウン駅周辺にホテルの進出が相次いでいる。旅行会社のホワイト・ベアーファミリー(大阪市)は2020年春に市内で最大のホテルを開業。エイチ・アイ・エス(HIS)も進出を検討する。夜間・早朝の格安航空会社(LCC)の便数増などを背景に、りんくうタウンが通過点から、観光のための拠点(ハブ)へと変わりつつある。

ホワイト・ベアーファミリーは公共の駐輪場だった土地約3000平方...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1043文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン