2018年10月17日(水)

ロヒンギャ集落 広がる焼け跡 帰還準備進むミャンマー西部 根深い排斥感情、共存の道険し

2018/1/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ミャンマーのイスラム系少数民族ロヒンギャの難民問題深刻化から約5カ月。隣国バングラデシュに逃れた人は65万人に達した。国際社会から批判を浴びたミャンマー政府は難民の帰還受け入れ準備を進める。13日に現地を視察した河野太郎外相に同行し、ロヒンギャが暮らすミャンマー西部のラカイン州を訪れた。

同州北部マウンドーにあるロヒンギャの村パンドーピン。集落の一つは完全に焼失し、再建作業が始まっていた。住居の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報