2019年9月24日(火)

iPS10年 見えた課題(下) 医薬向け細胞 政府支援で 富士フイルム副社長 戸田雄三氏

2018/1/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

iPS細胞の臨床応用で日本が実力をつけるには何が必要か。業界組織の再生医療イノベーションフォーラム会長で富士フイルム副社長の戸田雄三氏と、国際幹細胞備蓄イニシアチブ代表で英国の備蓄事業も率いたグリン・ステイシー氏に聞いた。

――iPS細胞応用の国際競争の現状はどうですか。

「日本は再生医療製品の期限付き条件付き承認を世界に先駆けて導入したが、米国などが追随しており競争は厳しさを増している」

「再…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。