2018年1月20日(土)

玉ノ井親方の勝負勘進退かける横綱鶴竜 引かず前傾姿勢保て

2018/1/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 横綱鶴竜が進退をかけて、14日初日の大相撲初場所(両国国技館)に臨む。右足首や腰を痛め、この2場所はともに全休、昨年は年6場所のうち、15日間皆勤した場所は3月の春場所しかない。休みが長引けば長引くほど、土俵に上がっても足の感覚は鈍り、地に足がつかないような状況になってしまう。15日間でどれだけ相撲勘を取り戻せるかが、一つのカギとなるだろう。

 冬巡業や先日の横綱審議委員会の稽古総見で鶴竜を見たが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ

関連キーワードで検索

玉ノ井親方の勝負勘



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報