2018年1月22日(月)

インタビュー「アンドロイド」スマホ10年 アプリ開発にAI提供 グーグル副社長 サミール・サマット氏

2018/1/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載した最初のスマートフォン(スマホ)が登場してから2018年で10年になる。アンドロイド部門の製品管理担当副社長、サミール・サマット氏は12日まで開いた米家電見本市「CES」の会場で取材に応じ、アンドロイドのソフト開発者と協力して人工知能(AI)をめぐる競争に勝ち抜く考えを示した。

 ――アンドロイドを搭載した機器の月間利用者が20億人を超えました…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報