2018年7月20日(金)

新興国債券にバブル懸念
昨年165兆円、高利回りで資金流入 ドル高進めばリスク

2018/1/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 新興国の政府や企業による債券発行が活発になっている。2017年の発行額は1兆4712億ドル(約165兆円)と2年連続で最高を更新した。世界的な低金利に悩む投資家が高利回りを求め、信用力の低い国や企業の債券も積極的に購入しているためだ。だがドルなど先進国通貨建ての債券が大半で、ドル高局面では債務負担が膨らむ。バブル懸念も強まるブームが反転すれば、新興国経済や世界の金融市場を不安定にしかねない。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報