/

この記事は会員限定です

情熱と行動 市川俊英

[有料会員限定]

2001年、16歳若いチーム員、古川哲也君との出会いが、怒涛(どとう)の6年間の始まりだった。私は当時、三井不動産の東京ミッドタウンの責任者の一人で、投資額は用地費だけでも1800億円超の巨費。一日も早い収益実現と共に三井不動産の開発力が試されていた。

「考えるよりもまず行動」。古川君は誰よりも動き回り、想いを形にする力があった。「ニューヨークのミッドタウンは世界中の人々が交差し新たな価値が生まれる街。六本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り351文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン