/

この記事は会員限定です

ディスプレー用の分子膜 厚さ1000分の1に加工

千葉大などのグループ

[有料会員限定]

千葉大学大学院工学研究院の山田豊和准教授らの研究グループは、スマートフォン(スマホ)のディスプレーなどに用いる有機分子膜を従来の1000分の1以下の厚さに加工する技術を開発した。より少ない電力で分子膜を作動させることができ、デジタル機器の省エネやコスト削減につながるという。

スマホや有機ELディスプレーで一般的に使用されている有機分子膜は約0.001ミリメートル。さらに薄く加工する場合、膜を形成...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り251文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン