/

この記事は会員限定です

デモは「ペルシャの春」にあらず

[有料会員限定]

昨年末にイランの地方都市で起きた抗議デモは全国に広がった。今回の動きは7年前のチュニジアを想起させる。2010年末、警察に抗議した若者の焼身自殺を契機に政府への抗議運動が国中に広がり、当時の政権が崩壊する事態に発展した。その後、民衆による反政府抗議運動はエジプトやリビアで政権を倒し、シリアでは内戦の発端となった。世にいう「アラブの春」である。

失業問題・経済格差・特権階級の優遇・ソーシャルメディ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り545文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン