/

この記事は会員限定です

車・家電、中印市場で急伸

時価総額10年間の増加額 吉利汽車、ボルボ買収で弾み

[有料会員限定]

10年間でアジア企業の時価総額がどれだけ増えたかランキングしたところ、上位には自動車や家電メーカー、IT(情報技術)など時代の変化を先取りして動く経営スピードの速い企業が目立った。国内市場の拡大をテコに、海外市場に打って出ようとする企業も多い。この流れが今後も続けば、世界の勢力図が塗り替わる可能性がある。(

1面参照

時価総額の伸びが目立ったのは、巨大な人口を抱える中国・インドの自動車メーカー。国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1213文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン