公立進学校、地域超え連携 世界のリーダーを養成

2018/1/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「東大合格者を増やすことではなく、世界でリーダーシップをとれる人材を増やすことを目指している」――。東京都立日比谷高校の武内彰校長は、2017年12月に放送された民放テレビのバラエティー番組で、東京大学に3年続けて公立高でトップの合格者を出している快進撃の裏側を、こう解説した。

□ ■ □

日比谷高は、1967年に学区制が導入されるまでは、東大合格者数で全国一位を何度も経験し、政財界で活躍するエリ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]